2012年12月31日月曜日

Shortage of demand? (2)


Another question I have about the words "shortage of demand" and "excess of supply" is, in recession period, is it really "demand" that the suppliers need?

It is the income the demanders bring and the goods, services, and properties the income makes affordable, not "demand" itself, that the suppliers really need, isn't it?

In this sense, what the suppliers need is not enough "demand" for the goods, services, and properties they supply, but affordable "supply" for the goods, services, and properties they need, isn't it?

"Shortage" is only possible as of "supply," not possible as of "demand", isn't it?

2012年12月30日日曜日

Shortage of demand?


One of the main points in dispute during the last national election in Japan was the economic policy.

Many candidates appealed the necessity of public construction and engineering projects to get over the recession.

Public projects are said to make up for "shortage of demand."

I can't understand the meaning of these words, "shortage of demand" and "excess of supply."

Supply is what fulfills demand.

Can it be called "supply" to produce what is not demanded?

2012年12月29日土曜日

英文エッセイ「Happiness and risk」


【テーマ】
What do you think about the following advice?
"Take risks. If you win, you'll be happy. If you lose, you'll be wise."

【佐々木の回答】
This advice seems to explain correctly why I am still so unwise. I take too few risks. I learn too little from failure. Failing to be wiser by learning from failure, I fail again and again. Lack of experience of success makes me avoid risks. I want to cut off this vicious circle.

2012年12月28日金曜日

英文エッセイ「I wish everyone would learn to ...... Then everyone would ......」


【テーマ】
Write an essay with the composition of "I wish everyone would learn to ...... Then everyone would ......"

【佐々木の回答】
I wish everyone would learn to recognize that contradictions do exist not only in the subjective (=cognitive) world, but also in the objective (=real) world universally. And I also wish everyone would learn to analyze the laws by which those objective contradictions unfold themselves, and make use of the laws of objective contradictions to understand the world better. Then everyone would seldom stick to irrational ideas. Most of people confuse contradiction with irrationality. Trying to exclude contradictions from their ideas, people often failure to recognize correctly the reality, which is made up of mixture of contradictions. I am fed up with those contradiction-less silly ideas people assert. I refrain from giving actual examples.

2012年12月27日木曜日

英文エッセイ「I wish I could learn...... Because......」


【テーマ】
Write an essay with the composition of "I wish I could learn...... Because......"

【佐々木の回答】
"I wish I could learn ..." is a little bit incompatible with "Because."

Because "Because" is the word by which we give the reason or ground of some judgment, fact, or declaration.

"I wish I could ..." is not the phrase by which we convey clear judgments, facts, or declarations, but the phrase by which we just express our feelings or sentiment, without clear analysis or objectification.

When someone say "I want to learn Chinese," the desire to learn Chinese is a fact the speaker has already objectified. So, the speaker can say the reason he or she want to learn Chinese using "Because".

But when someone say "I wish I could learn Chinese," the desire to learn Chinese is just a sentiment the speaker has not yet objectified. So, the speaker himself or herself does not know the reason he or she wish to learn Chinese.

I think as above. But I am not sure.

2012年12月26日水曜日

英文エッセイ「I wish I could hear」


【テーマ】
Write an essay beginning with "I wish I could hear ..."

【佐々木の回答】
I wish I could hear some woman say to me "Your income is enough for us to make a home together."  Unfortunately, any women (or her family) I have ever met expect her spouse to earn much more than I could. I have virtually given up to marry before I die.

2012年12月25日火曜日

英文エッセイ「About Christmas in Japan」


【テーマ】
Why a lot of Japanese people who are almost Buddhists or Shintonists celebrate the nativity of Jesus Christ?
And why many Japanese couple want to have their wedding at church?
Explain to aliens who can't understand those religious or commercial situations. 

【佐々木の回答】


In Japanese, "Christmas" is pronounced like "Kuh-Ree-Sue-Mar-Sue."

This pronunciation is very attractive for Japanese people.

The Japanese word "Kuh-Ree" means a "chestnut", and "Sue-Mar-Sue" means to "purify," and to "finish."

This word sounds sweet, fresh, and clear for Japanese people.

And this word has five syllables.

Japanese people like any word that has five or seven syllables.

"Fuyuyasumi"  (the winter vacation) is pronounced like "Who-You-Yah-Sue-Me."

"Purezento" (a present) is pronounced like "Poo-Rei-Zeh-Nh-Toh."

"Oshohgatsu" (the new year holidays) is pronounced like "Oh-Show-Oh-Gar-Two."

"Otoshidama" ( New Year's present) is pronounced like "Oh-Toh-She-Dar-Mar."

All those Japanese words which represent happy events of winter have five syllables.

"Christmas"  was, for Japanese people, a word which was added to the five-syllable word collection which represented happy events of winter.

On the other hand, "Christ" is pronounced like "Key-Ree-Sue-Toh" in Japanese.

Unfortunately, this word is not a five-syllable word.

On top of that, the Japanese word "Key-Ree" means a "gimlet", and "Sue-Toh" means a "strike" or "walkout."

This word sounds piercing and violent for Japanese people.

Although Christianity is said to be the "religion of love,"  the auditory impression of "Key-Ree-Sue-Toh" for the Japanese people is quite opposite.

Those are the reasons why Christianity is not so popular in Japan while the festival which celebrates originally the birth of the founder of this religion is.

2012年12月24日月曜日

英文エッセイ「The last time I cried in public」


【テーマ】
When was the last time you cried?

【佐々木の回答】
The last time I cried in the presence of other people was when I lost one of my best friends in a traffic accident about ten years ago.

It was unexpected for me that I cried in pain of having my friend killed, because one of the reasons I had regarded myself as lonely, at that time, was I had been able to think of no one the death of whom I would cry over.

He and I entered the same Japanese university at the same year, and joined the Aikido club of the university at the same day. We were the two of the first three of the sixteen freshmen of the Aikido club in that year.

He was from Kansai Region, and I am from Kanto Region. People from those two regions of Japan are said to have the opposite personalities. Indeed we did. While he was talkative and smooth-tongued, I was quiet and unsociable. But we strangely got along well with each other.

After graduation, working in distant provinces from each other, we met once or twice a year at the expedition training camp of the Aikido club.

When I heard he had been killed after the motorbike he had ridden had collided with a oncoming truck, I thought, at first, it was no use attending his funeral which was going to be held at five hundred kilometers away from my place, because my presence could no more comfort him. I still believe in no soul that survives the body after death.

But suddenly, I remembered that the cells which made up the human body did not die all at once when the heart stopped beating. And about that time, I heard an idea that each cell had primitive "consciousness." I thought it was possible the perishing cells which made up his body "felt lonely," and my presence could "comfort" his perishing cells.

I decided to attend his funeral.

When I arrived at the funeral parlor, the "Tsuya" service (the previous night's funeral) had already ended. His mother lead me to his coffin.

What happened at the coffin-side was the most mysterious experience I have ever had. The moment I saw his face and called his name, the cells of my whole body went into convulsions, tears welled up my eyes, and I couldn't move at all from there. That was as if the perishing cells of his body grasped the cells of my body and would not let them go. The convulsion continued about an hour.

I thought my attendance to his funeral was never useless.

When I think of life and death of human being, I always remember the experience I had at his coffin-side.

2012年12月23日日曜日

2012年12月16日衆議院議員選挙 神奈川13区開票結果


先週は座間市に引っ越してきて初めての国政選挙。例によってどのような主張を掲げる候補者がどれぐらい得票する地域に自分が住んでいるのかを知っておくことは有意義であることのように思われるので各候補が選挙公報に掲載した主張を得票数・得票率・当落と共に得票数順に並べておく。

神奈川13区
市区町村: 大和市、海老名市、座間市、綾瀬市
定数:1人
立候補者数:5人
有権者数: 461,285人
投票者数: 267,406人
投票率: 57.97%

甘利明さん(63歳、自民、前) 111,733票(相対得票率42.96%、絶対得票率24.22%) 当選

菅原直敏さん(34歳、みんな、新) 50,826票(相対得票率19.54%、絶対得票率11.02%) 落選

太田祐介さん(38歳、維新、前) 43,754票(相対得票率16.82%、絶対得票率9.48%) 落選

橘秀徳さん(43歳、民主、前) 38,637票(相対得票率14.86%、絶対得票率8.38%) 落選

宮応勝幸さん(69歳、共産、新) 15,131票(相対得票率5.82%、絶対得票率3.28%) 落選

2012年12月22日土曜日

英文エッセイ「About proud」


【テーマ】
When do you feel real proud?

【佐々木の回答】
Although I feel much more frequently ashamed of myself than proud of myself, one of the scarce occasions when I feel proud of myself is when the client who gave me a job of writing gives me the same kind of job again. Of course I am pleased when my job is praised, praise does not prove satisfaction. Only the repeat purchase prove the satisfaction the last delivery gave to the customer. Only my clients' real satisfaction makes me feel proud of myself.

2012年12月21日金曜日

英文エッセイ「When I feel lonely」


【テーマ】
When have you felt lonely?

【佐々木の回答】

In the circumstances where cheerfulness is too much applauded, I feel lonely.

Men with gloomy disposition like me sometimes feel as if cheerful guys don't allow us to be as we are.


2012年12月20日木曜日

英文エッセイ「About workplace」


【テーマ】
In what kind of workplace do you want to work next year?
Tell us your plan or dream about workplace.

【佐々木の回答】
My needs and wants about physical aspects of working environment are already satisfied.
With a laptop PC, my work can be done in coffee shops, trains, parks, or anywhere I like.
I hope I can have more and more opportunities of cooperation with inspiring people next year than this year.

2012年12月19日水曜日

英文エッセイ「About keeping curious for a lifetime」


【テーマ】
While animals become less curious as they grow older, but human beings remain as curious as when they were young.
What do you think about that trend or fact?

【佐々木の回答】
I don't think it is necessarily great to keep curious for a lifetime. Human activities can be classified into inputs and outputs. Curiosity is a mentality which concerns input activities. There is a kind of curiosity which accompanies no output activities. Such kind of curiosity is, I feel, worthy of little respect.

2012年12月18日火曜日

英文エッセイ「About pets as family members」



【テーマ】
Not a few people especially in developed countries tell and believe seriously that their pets are their family members.
Probably & already the concept of "family" has been gradually changed.
Do you agree or disagree their concept of pets as family members? Why?

【佐々木の回答】
People are at liberty to call their pets as their "family members."

But the Civil Code should not recognize pets as "family members."

If pets are recognized as  "family members" in the Civil Code, inheritance of property to pets also has to be recognized.

If inheritance of property to pets is recognized, inheritance of the property of the pets to the spouse, descendant, and parents of the pets.

Rights to the properties will become too complicated.

People will have to raise lawsuits against dogs, cats, goldfishes, and so on.

Life insurance companies and municipal offices will have to confirm the intention  of parakeets, iguanas, tortoises, about disposal of their properties.

Prisons will have to confine pets which committed serious tax evasion.

People can't bear such an enjoyable society.

2012年12月17日月曜日

英文エッセイ「About usage of smart phones during class」


【テーマ】
Recently cell phones and smart phones (iPhone etc.) are quite common.
Most people have one at least, but never are teachers more irritated than when some students use smart phones or a phone rings during class.
What do you think about that problems and the changes of using style with "phones".

【佐々木の回答】
I don't think teachers are more irritated by a student who refers to a dictionary application in the smart phone than one who refers to a paper dictionary during class. The problem is not whether students use a smart phone during class but whether they concentrate their attention on the lecture. All efforts are vain without altering the structure in which people have some strange incentives to attend a class and to pretend to be taught by a teacher whom they do not want to be taught by.

2012年12月16日日曜日

1500 consecutive days of updating


As of last Wednesday (December 12), this blog had been updated for 1500 consecutive days. I started to write this diary November 4, 2008. Since then, I have never missed a single day of updating.

The merit of writing blog every day is that you can see how mediocre and defective your thoughts which you think are original and interesting are.

Writing your thoughts is like seeing your face in a mirror. A man who never looked at a mirror would never be aware of dirt on his face. It is shameful to laugh at dirt on another person's face without noticing dirt on his own face.

When I hear or read other people criticize politicians or managers, I often call up the image of the man who laugh at dirt on another person's face with dirt on his own face.

This diary has given me at least the sense to feel it shameful to criticize inconsistencies of other people's thoughts and actions with my own thoughts and actions full of inconsistencies.

2012年12月15日土曜日

英文エッセイ「About "Chushingura"」


【テーマ】
Today is the anniversary of "Chushingura". A lot of Japanese people like that story. Do you like their spirits of "The revenge of the forty-seven ronin" or the story of "Chushingura?" Why does this 18th century's story have still a big popularity in Japan? Without regard to "Yes" or "Not", tell us your original opinion.


【佐々木の回答】

Public order benefits a community as a whole. But it often works too oppressively to the members of the community.

Everyone is in a dilemma of personal wants and public order. Excessive sticking to personal wants damages public order, resulting in degrade of the quality of personal life . On the other hand, excessive obeisance to public order directly degrades the quality of personal life.

Japanese people have strong tendency to avoid affecting public order by asserting our personal wants and thoughts.

As we oppress our personal wants and thoughts, our desire to release them grows.

But we Japanese people seldom wish to alter the public order itself. Instead, we often wish to express our personal wants and thoughts in some explosive form, without logical explanation. Or we sometimes wish to just escape from the public order itself.

From early 1970s to middle 1990s, to watch "Chushingura" on TV and to watch the new work of the movie series "Otoko Wa Tsuraiyo" (Life is hard on a man!) in  a movie  theater were Japanese people's popular customs at the end of the year.

"Chushingura" was the expression of our oppressed desire to explode our personal wants and thoughts. "Otoko Wa Tsuraiyo" was the expression of our oppressed desire to escape from the public order itself.

2012年12月14日金曜日

英文エッセイ「About quarrels dogs don't eat」


【テーマ】
There is an old saying "No dog eats (is interested in) a quarrel between husband and wife."
Possibly you've made some slight or funny disagreements with your partner or near friend.
Write just a little interesting essay about that "fighting." Don't feel humiliated!

【佐々木の回答】
I can't remember quarreling with a woman with whom I was on intimate terms already. I always drift away from women in whom I find something I really hate, instead of trying to make her alter or abandon the point I really hate. Basically I try to accept other people's ways of feeling, thinking, acting, talking, and so on, if I don't like the ways very much. When a woman on intimate terms wants me to alter or abandon my ways of feeling, thinking, acting, talking, and so on, I usually try to do so. I fear being regarded as a man who will never try to correct his defects if pointed out. Those habits hinder quarrels from happening and make this essay boring.

2012年12月13日木曜日

英文エッセイ「My most favorite teacher」


【テーマ】
Who's your most favorite teacher when you were a student of elementary or junior high school?
Introduce the teacher and some episode in your sweet(?) memory.

【佐々木の回答】

The teacher who I remember was my favorite is the modern Japanese literature teacher in my first year at high school. He was about forty years old at that time. I liked the intellectual atmosphere he wore. He didn't use the schoolbooks. Instead, he used paperbacks or his original prints as textbook. He used for example Osamu Dazai's earliest collection of short stories "Bannen" (Declining Years). I got to like Osamu Dazai under his influence. He taught us, "As soon as you buy a dictionary, throw away its box. The trouble of taking out dictionaries out of their boxes hinders you from referring to them". I have followed the teaching since then.



2012年12月12日水曜日

英文エッセイ「My dream」


【テーマ】
What is your dream?
How do you make the dream come true?


【佐々木の回答】
When in twenties I sought someone to whom I could speak my dream and who could speak his or hers to me. Sharing some dream with someone seemed indispensable to the happiest life one could live. Now in forties I speak my dream to no one and have no desire to share any dream. I have noticed no dream can be truly precious to more than one person. In other words, a dream truly precious to one person can be never precious truly to another. Speaking a precious dream to someone to whom it is not precious harms the preciousness of it. One can make one's life happier by keeping on good terms with someone who doesn't share any dream than seeking someone who share some dream.

2012年12月11日火曜日

英文エッセイ「About hospitals」


【テーマ】
Do you like a hospital in Japan or not?
Why?

【佐々木の回答】
I want to keep hospitals at as long distance as possible.

I was hospitalized twice for a disease in which the lung collapses because of a buildup of air in the chest space ("spontaneous pneumothorax"), at the ages of seventeen and eighteen. The second time I was hospitalized for the disease, I decided that I would never go to hospital next time I suffered this disease. Observing the state of my own lungs, I noticed this disease was cured just by lying quietly. But in the hospital, doctors required me to undergo inspections repeatedly. By moving to inspection room repeatedly, my repose was obstructed, and naturally, the recovery was delayed.

I suffered this disease for the third time at the age of nineteen. As I had decided, I didn't go to hospitals. Just lying quietly for a few days, my collapsed lung recovered.

2012年12月10日月曜日

英文エッセイ「The reason I can send in the homework of this course」


【テーマ】
Some people continue to send in their homework of this English study course everyday.
What kind of efforts do you make?  How do you have a creative mind?
Some people can not. Why?  What do you think is the difference?

【佐々木の回答】
In both public and private life, I have failed to measure up to other people's expectations so many times that I am rarely assigned too many tasks. And I am postponing many tasks I should have finished. These are main reasons I can send in the homework of this course. I am so sorry.

2012年12月9日日曜日

"We the Living" Japanese edition arrived


Ayn Rand's "We the Living" Japanese edition arrived this evening.


I have read about half already.

The oppressive atmosphere of the world of this novel fits with today's my a little dimmed consciousness because of a slight cold.

Just like I caught a cold in order to read this novel in the most suitable condition.



(From the left, Japanese editions of "We the living," "The Fountainhead,"  "Atlas Shrugged." The most of full of tags to "Atlas Shrugged" were attached when I read the book for the third time after 2011 Tohoku earthquake.  Although I also attached full of tags to "The Fountainhead", I detached many of them because too increased tags didn't function as tags.)

2012年12月8日土曜日

英文エッセイ「Abourt adultery」


【テーマ】
A boy meets a girl. The boy likes her and the girl likes him, too. Both fall in love and after that they get married. Recently this process is usual.
But in former times or still now in many traditional areas the father decide(ed) the daughter's (or the son's) partner.
Let's confirm it is natural that "A man/woman likes and loves a woman/man."
After marriage a man or woman never likes and loves another woman or man... Is that possible and usual?
What do you think about beginning an earnest love affair with someone besides your spouse?
Assume that you keep secret about your affair with her/him, never injuring your nor her/his spouse.
Write your opinion honestly.


【佐々木の回答】
I am very reluctant to have a sexual relation, or a sex-oriented relation, with married women. Marriage requires a man to undertake heavy responsibility. As a still-single man, I respect every man who undertook the heavy responsibility to a woman and the family he made with her. It seems to me having a sexual or sex-oriented relation with married women is a desecration of the resolution her husband made at their marriage.

2012年12月7日金曜日

英文エッセイ「About that world-famous song」

【テーマ】
The best popular genius person in yesterday's homework was John Lennon.
So today, please translate English lyrics "Imagine" into Japanese by your original wards. And after that tell us the contemporary meaning or your feeling about this message song.

【佐々木の回答】

[Translation of lyrics]

"Imagine"
暇人

Imagine there's no heaven
暇人の想像は天の神も救いようがない
It's easy if you try
自分はやればできると思ってる(でもやらない)
No hell below us
自分だけは地獄に落ちないと思ってる
Above us only sky
暇人の頭はただ空っぽなだけ
Imagine all the people living for today
暇人とは毎日その日暮らしのすべてのピープルのことである

Imagine there's no countries
暇人は国境をなくせば戦争がなくなると思ってる
It isn't hard to do
しかもそれが簡単だと思ってる
Nothing to kill or die for
無政府状態の方が殺戮はよっぽど恒常的なのに
And no religion too
おまけに宗教の廃絶そのものが一つの宗教だという自覚がない
Imagine all the people living life in peace
暇人とは平和ボケして生きるすべてのおめでたいピープルである

You, you may say
有名税かもしれない
I'm a dreamer, but I'm not the only one
僕は夢想家だけどオンリーワンじゃない
I hope some day you'll join us
横浜の駅ビルはジョイナス
And the world will be as one
世界は一つってか

Imagine no possessions
暇人は私有財産制度をなくすと他人が所有している財産がそのまま自分たちのものになると思っている
I wonder if you can
そんなこと本気で信じてるのかよ
No need for greed or hunger
何もしなくても飢えることがない状態を望むなんて究極の強欲だよ
A brotherhood of man
他人のくせに勝手に兄弟気取りなんて気持ち悪い
Imagine all the people sharing all the world
暇人とは世界中の他人の所有物を共有の名の元に自分の所有物にしたいと考えるすべての厚かましいピープルである

You, you may say
有名税かもしれない
I'm a dreamer, but I'm not the only one
僕は夢想家だけどオンリーワンじゃない
I hope some day you'll join us
横浜の駅ビルはジョイナス
And the world will live as one
世界は一つってか


[What I felt]
It is interesting that people who love this song often object to free trades, only by which I think the ideal of this song can be achieved.

2012年12月6日木曜日

英文エッセイ「About two crazy ones」

【テーマ】
In the following video, about 20 authority figures come on the scene.
Chose two ones and write your impression or opinion about each of them.
http://bit.ly/o0UEkE

【佐々木の回答】

Albert Einstein:
A scientist who gives comfort to boys and girls with poor school record by having been a backward pupil himself and growing up to be a Nobel laureate and even one of the most famous scientists ever, although one can not be a Nobel laureate only by doing badly at school.

John Lennon:
A musician who proved the censorship is meaningless by showing people never attempt to overthrow the governments even though they are forced to listen to a music he made which advocates anarchism repeatedly through Christmas season every year.

2012年12月5日水曜日

英文エッセイ「About the famous song of a late Japanese rock musician」

【テーマ】
Translate the lyrics of the following song from Japanese into English, and write your honest feelings about the song or the singer or this work of translation.
http://bit.ly/TJgrLi

【佐々木の回答】

[Lyrics]

"That night of a fifteen-year-old"

With nothing but a scribbled schoolbook
and outside the window in my view
Dreaming unreachable dreams
in the sky above the skyscrapers
If I could break the door of emotions
I don't know how to let off

Caught smoking by teachers
at the back of the school building
We have no escape

Gathering and squatting down
Turning the back on
and glaring at the adults
with whom no feeling can be shared
The fellow guys are planning to run away from home tonight
The school, and home
I'm fed up with those places

Having no idea even who I was
I trembled that night when I was fifteen

Starting the motorbike I had stolen
Running into the darkness of the night
Having no idea where to go
Refusing anyone bind me up
In this night I escaped into
I felt as if I got free
That night when I was fifteen


[What I felt]

It is uncomfortable to look straight at emotions of the adolescent. I admired the talent of the author of the song who described emotions of the adolescent so vividly in plain language almost any Japanese people can understand.

2012年12月4日火曜日

英文エッセイ「My first trip by myself」

【テーマ】
When did you have a trip by yourself for the first time? Where? How did you feel and what happened?

【佐々木の回答】
Probably the first time I went alone on an overnight trip was when I was seventeen. During the summer vacation of the high school, I had a cycling tour of seven days around the East Hokkaido region of Japan. I stayed at youth hotels, at a cheap inn converted from an old passenger car, and even at waiting rooms of railway stations. Interestingly, travelers who used other means than bicycles often showed their respect for bicycle travelers, although traveling by bicycle was not so toilsome as they imagined. It was great experience to pedal the bicycle alone with a green field stretching out to the horizon before me.

2012年12月3日月曜日

英文エッセイ「Memory of the childhood concerning snow」

【テーマ】
Write about a sad or pleasant experience you had concerning snow in your childhood.

【佐々木の回答】
What excited me most concerning snow when I was a child was the silence the snow made.
In the morning, you wake up, and even before you open the curtains, the unusual silence tells you the snow has laid outside the window.
The rattling of the railroad in your neighborhood are pretty muffled.
Those silences sank deeply into my mind which was made clearer than usual by the coldness that silvery white snow made.

2012年12月2日日曜日

Those by whom I am fascinated recently

Those by whom I am fascinated recently are characterized by the following three wills.
  1. The will to research by themselves.
  2. The will to judge by themselves.
  3. The will to act by themselves.
Conversely, those whom have all the above three wills always fascinate me.

And few people seem to me to have all the above three wills.

2012年12月1日土曜日

英文エッセイ「About a government which expects people to ask what they can do for their country」

【テーマ】
A big national election is coming up in Japan. Nobody still knows the result of general election. What do you expect of the next Cabinet?

In 1961, the most famous American President J. F. Kennedy had following inaugural address.

"And so, my fellow Americans: ask not what your country can do for you -- ask what you can do for your country. My fellow citizens of the world: ask not what America will do for you, but what together we can do for the freedom of man. Finally, whether you are citizens of America or citizens of the world, ask of us here the same high standards of strength and sacrifice which we ask of you."

We can transpose the above "America" to anything, for example "Japan", "Osaka", "Tokyo", "company", and "friend" or "family" etc. Do you agree or disagree with the quoted speech of J. F. Kennedy (or his speech writer), and why?


【佐々木の回答】
About half a century ago, J. F. Kennedy asked people to ask what they can do for their country. Today, there are people who ask more than J. F. Kennedy asked to ask. They ask, "what can we do for the earth?"

For example, they advocate using recycled paper instead of virgin wood pulp paper. To recycle paper, much more natural resources are consumed than to produce paper from virgin wood pulp. Many of the actions intended to protect the environment are destroying the environment. Men can hardly know whether an action benefits or harms the society and the environment as a whole.

Campaign messages like "what can we do for the earth?" have induced people to support enactment of laws to subsidize those companies and institutions which call themselves "environment-friendly." Subsidies benefit a handful of people, and harm the most of other people by making taxes heavier and disturbing fair trades. Contribution to the whole is often advocated aiming at creation and protection of specific interests.

I prefer the government that expects people to ask what they can do for themselves, rather than to ask what they can do for the country.

2012年11月30日金曜日

Ayn Rand's "We the Living" Japanese edition being published

Ayn Rand(1905-1982)'s first novel "We the Living" (1936) Japanese edition ("Warera Ikiru Mono") is being published December 10. The translator is Ayumi Wakizaka, who also translated Rand's last and representative novel "Atlas Shrugged" (1957, Japanese title "Kata Wo Sukumeru Atorasu").

The Japanese editions of Rand's two most important long novels "The Fountainhead" (1943, Japanese title "Suigen", translated by Kayoko Fujimori) and "Atlas Shrugged" was published in 2004. After four years, in 2008, one of Rand's most important essays "The Virtue of Selfishness" (1964, Japanese title "Rikosyugi Toh Yuh Kigai", translated by Kayoko Fujimori) was published. And after another four years, in 2012.

Rand's short but important novel "Anthem" (1937) was already translated into Japanese by Kayoko Fujimori and uploaded to her WEB site (Japanese title "Ansemu").

At last, all Rand's important novels can be read in Japanese.

Probably, among the various language editions of Rand's works which have ever made, the Japanese editions are the most meaningful ones, because Japan is a rare country where most of the ruling elite can't read long essays nor novels in English.

It is almost indispensable for the leaders of a modern societies to understand the thoughts of Ayn Rand, whether for or against her position.

I hope those great translation works by the two Japanese women, Ms. Fujimori and Ms. Wakizaka, help Japanese society overcome the present critical situation and develop soundly.

2012年11月29日木曜日

The opposite effect

It is about four years since I started to work as a writer of advertisement articles made up of interview with customers ("Customer Stories"). Generally, the opening part of a Customer Story consists of an extracted statement of the interviewee as headline, a summary of the customer company, and an outline of the state of usage of the product. One of the things I care most when writing summary of customer companies is to keep the statement as flat as possible. In other words, not to praise -- or to put it more precisely, not to give readers the impression I am attempting to praise -- the interviewee ( = the customer company). The readers of the article are prospect customers of the product. For the readers, what matters is not how great the interviewee is, but how useful the product is for the readers, whether the product is worth the cost, and so on. Sometimes I am required to rewrite the summary part to praise more the customer company, by both the client and the customer company. It is natural for them to want the article to praise the customer company, but that kind of rewriting has the opposite effect. The readers, who are force to read compliments they do not want to read, must be unpleasant. But it is difficult for a freelance writer like me to point out such a thing to clients.

2012年11月28日水曜日

英文エッセイ「About birth control 」

【テーマ】
This time think about birth control. After listening next speech, tell us your opinion.
Melinda Gates: Let's put birth control back on the agenda

【佐々木の回答】
Birth control has two aspects. One is the national or global population control. The other is the improvement of personal welfare. The former is accomplished by governments. The latter is accomplished by businesses. The speaker emphasized the latter rather than the former. If she believes that the spread of birth control improves the personal welfare of people in underdeveloped countries, what she should do is to found business to supply contraceptive devices to them; that is, to develop devices cheap enough, to arouse the wants and needs by marketing, and to establish distribution roots. Philanthropists often try to accomplish politically a goal which should be accomplished by business. I don't like their way.

2012年11月27日火曜日

英文エッセイ「About job choice」

【テーマ】
A man told a young man/woman about job.
"You must first ask yourself what is the kind of work for which you're best fitted."
Do you agree or disagree with the above statement?

【佐々木の回答】
Don't ask me about job hunting.
That's the only advice I can give you about job hunting.
I am a loser in the field of job hunting. I changed my job three times. Almost every time I changed job, my income decreased.
The first time I changed job, I chose to work as a translator who translated product manuals written in English into Japanese. I thought I was best fitted for the work, because I have some skill to write in Japanese, a little skill to read in English, and almost no skill to sell something or communicate with people. In reality, as a manual translator, I was below the average. My English skill was too poor, and the demand for translators was far less than supply.
The second time I changed job, I chose to try to work as an operation manual writer for Japanese small companies. I thought I was best fitted for the work, because English skill was not required, and I had read various operation manuals of various companies as a translator. In reality, as an operation manual writer, I could get almost no clients.
The third time I changed job, I stated to work as an advertising article writer who interviewed with and took photos of customer of the client company. I thought I was never fitted for the work, because I had no skill to induce people to buy something nor skill to take photos. In reality, as an advertising interview-article writer, my income has increased little by little, and orders have kept coming continuously.
From my experience, I do not think it is so important what kind of work you think you're best fitted for.
But anyway you shouldn't believe my advise about job choice.

2012年11月26日月曜日

英文エッセイ「About painful experience」

【テーマ】
Have you had some painful or itchy experiences?
Tell us the most impressive one.

【佐々木の回答】
I was hospitalized at the age of seventeen for a disease in which the lung collapses because of a buildup of air in the chest space ("spontaneous pneumothorax"). To discharge the air in the chest space, the doctor decided to insert a tube into my chest space. The operation to insert a tube into the chest space was slightly terrible one. The doctor stuck a big needle into my chest while I lay on my back, being fully aware of what was going on. To endure the pain and fear, I turned off the switch of consciousness. I kept my face expressionless even at the moment the needle went through the anterior chest wall. I heard that the nurse assisting the operation was moved to tears by my patience.

2012年11月25日日曜日

ラーメン選びと自転車すれ違い時の進行路選び

経済学セミナーで参考書として指定された『ひたすら読むエコノミクス』(伊藤秀史著)を、電車の中でぽつぽつ読んでいる。

まだ読み始めたばかりだが、かなりの良書。

経済学でなぜゲーム理論が登場するのかが、佐々木はこの本を読んで、ようやく納得できた。

われながら遅すぎ。

ゲーム理論については学生の頃からちらほら目にしてはいたが、当時は、よくある知的オモシロ話の一つにしか見えなかった。

政治経済のかなり深刻な問題をゲーム理論で分析した論考を目にしても、唐突感をぬぐえずにいた。

本書の著者による、ラーメン屋でラーメンを選ぶ場合と、歩道を自転車で走っていて向こうからも自転車が来た時に右左のどちらによけるかを選ぶ場合との、本質的な違いの説明を読んで、ようやくゲーム理論の意義がわかった次第。

まさに今さら。

ほんと恥ずかしい。

2012年11月24日土曜日

原因

この歳になるまで気づかなかったことの一つに何か好ましくない事が起きた時にその原因を考える習慣を持つ人とそのような習慣を持たない人の比率は後者の比率の方が圧倒的に大きいということがある。自分自身が原因を考えるということをあまりにもあたりまえにやっていたということもあるし考えるというのは頭の中で行われることで外からは見えないこともあってずっと気づかずにいた。原因を考えることはその好ましくないことの発生を自分の工夫で減らしたりなくそうとしたりする姿勢と不可分である。何か好ましくないことが起きても多くの人はその好ましくないことの再発を減らしたりなくしたりできるような立場にはないわけだから原因を考える習慣を持たない人が多いのも考えてみれば当然のことであった。好ましくないことが起きた時に原因を考える習慣のない人が代わりにやることは悪い奴を特定することである。その人が原因を特定しようとしているのか悪い奴を特定しようとしているのかを見ればその人が社会の中で占めている地位もしくは占めようとしている地位がわかるとも言えるかもしれない。

2012年11月23日金曜日

英文エッセイ「About advertisement and a country (?)」

【テーマ】
Do you agree or disagree with the following statement?
"Advertising can tell you a lot about a country."

【佐々木の回答】
I can not agree nor disagree with the statement that makes no sense. If the statement says that governments often try to unify people's minds by means of publicity, I guess it is true. I remembered a picture of oiled birds which was spread all over the world at the time of 1991 Gulf War, although the source of that picture may not be the government of U.S.A. If the statement says that we can learn much about a country by observing advertisement conducted there, I think it also is true.

2012年11月22日木曜日

英文エッセイ「"Change before you have to."」

【テーマ】
Jack Welch said, "Change before you have to."
What do you feel about that idea?

【佐々木の回答】
It is so encouraging a remark, especially for one who is trying to change something. I am encouraged too. It was because I thought job options would severely limited without English skills in the near future even in Japan that I restarted to learn English in spite of my Japanese-only language environment. It also is a consoling remark, especially for one who has already changed something and starts to doubt whether his decision was right, with no remarkable outcome in his sight. I am consoled too. I threw away a job with salary more than twice of the average of same age twelve years ago, and now my income is less than half of the average of same age. I want to believe I made the decision that I would have to make sooner or later.

2012年11月21日水曜日

英文エッセイ「About curiosity」

【テーマ】
Walt Disney said "when you're curious, you find lots of interesting things to do."
What do you think about that opinion?

【佐々木の回答】
I don't agree with him. Curious people, especially people who are curious about other people, rarely have the will to find interesting things for themselves to do. When people are curious about other people, they usually just expect to find the proof that other people are as petty as -- even pettier than -- them, or that people who are exceptionally great are different from them by nature. In short, they just want excuse not to take action to improve themselves and their circumstances by themselves. After this statement, Walt Disney continued, "And one thing it takes to accomplish something is courage." He was half right, half wrong. Courage is needed even to have the will to find interesting things for ourselves to do.

2012年11月20日火曜日

英文エッセイ「If I am won to 30-days trip around in the world」

【テーマ】
Imagine you're won to 30-days trip around in the world. Make a plan. Where, with who, how long stay each places, What to do etc.

【佐々木の回答】
I like railway traveling. If I am won to 30-days trip around in the world, I travel around the globe taking various long-distance trains of all over the world. Train travel is one of the best way to get aquatinted with fellow passengers. Although mutual understanding with people of different culture is often difficult, it might easier to understand each other and become friends among the same train travel lovers. So I prefer to travel abroad by train alone.

2012年11月19日月曜日

英文エッセイ「My most favorite book」

【テーマ】
What is your most favorite book? Tell us the title. Why?

【佐々木の回答】
My most favorite book is Ayn Rand(1905-1982)'s long novel "Atlas Shrugged (Kata Wo Sukumeru Atorasu『肩をすくめるアトラス』)." This novel has various aspects, including of a science fiction, a mystery fiction, a romance novel, and a philosophical novel. There are truths that can be expressed by no forms other than story. It could be described by the form of essay how the society as a whole is composed, or how you as individual will live or behave. But it can only be described by the form of story how you can live or behave in the greatest way, from both points of view of the society as a whole and you as individual. "Atlas Shrugged" makes it clear not only how the society as a whole is composed, but also how you can live or behave in the greatest way, from both points of view of the society as a whole and you as individual. This novel always gives me the motive to live or behave in as great a way as possible. The heroin of the novel, Dagny Taggart, the Operating Vice President of a giant railroad company, embodies my image of ideal woman.

2012年11月18日日曜日

クリーム・ミルク

ゆる体操が現在のような形になる前、「基礎ゆる」と現在呼ばれている形しか発表されておらず名称も「ゆる」だった頃、まず「ほゆる」と呼ばれる骨のゆるから始めることや、一つ一つの骨についてまずクリーム・ミルクのようにゆるめて、クリーム・ミルクのようにゆるんだら次にそれらの骨をバラバラにしていく、という順序を守ることに重要性があるというような指導がされていて、そのとおりに取り組もうとしていっこうに骨をクリーム・ミルクのように意識することができず、これではいつまでたっても骨をバラバラにする取り組みに移れないといきなり壁にぶちあたったような気持ちになっていたものだが、現在のようなゆる体操が発表されてからは、そのような指導がされることもなくなり、骨がクリーム・ミルクのように意識できるまでゆるめることを自分の中ですべての大前提のようにまつりあげることもなくなっていた。最近そのことをふと思い出して、骨をクリーム・ミルクのように意識できるように取り組んでみたところ、案外それっぽく、自分の運動に影響がでる程度にまで、骨をクリーム・ミルクのように意識できるようになっていて、軽い感動があった。ここまで長くかかったという感慨を覚えつつ、初期の「ゆる」はなんと高度なメソッドだったのかとも思った。

2012年11月17日土曜日

全身まるごと

身体意識のトレーニングで下半身のセンターが少し通って腰や前腿の力が抜けてきた感覚を手がかりに特に原稿書きの仕事がつっかえつっかえなかなかはかどらない自分の身心のありかたの反省してみるにセンターが通っていない身心というのは全身まるごとリソースとして問題の解決に投入できない身心なのだなという実感があった。問題の解決にいつも全身の内のかなりの部分が参加かできずにいるというかへっぴり腰というかそういう身心のあり方がセンターが通っていない身心なのだなと。そのあたり心がけて改善と応用に取り組むことでもっと仕事がはかどるようになる気がしている。

2012年11月16日金曜日

英文エッセイ「About marriage」

【テーマ】
In your childhood what did you think about marriage?

【佐々木の回答】
I noticed from early childhood that men lost their peace of mind by getting married and their honor by being unmarried. As I grew up, both the fear of losing peace of mind by getting married and that of losing honor by being unmarried became stronger in my mind. It may be because the later fear has been overcome more thoroughly than the former fear that I am still unmarried at 41 yeras old.

2012年11月15日木曜日

英文エッセイ「What have changed from then」

【テーマ】
Do you remember your first love?
At that time what you felt every day?
And now what have changed a bit since from your first love?

【佐々木の回答】
When I got to like a girl as the opposite sex for the first time at five years old, every night I dreamed of various fantastic situations in which I was the hero who rescued and was respected by the girl who attended the same kindergarten. What have changed since then is that I have learned from reality that I don't deserve any respect. I no longer want to be respected by women. I guess that to be respected by someone is to deceive her into believing I have something that I do not actually. Fraud is bad and does not pay.

2012年11月14日水曜日

英文エッセイ「About the movie I was moved by」

【テーマ】
What is a most touching movie in your life ? What situations moved you ?

【佐々木の回答】
4 years ago, I saw a Japanese movie titled "Devotion of The Suspect X (Yougisha X no Kenshin)," whichi is directed by Hiroshi Nishinani, and the original author of which was Keigo Higashino. The movie was a detective story, in which a high school male mathematics teacher, extremely unsociable but genius for mathematics, committed murder to protect a woman whom he loved one-sidedly. In this movie, there was a scene in which the mathematics teacher, arrested and held in police cell, looked up the spotted ceiling of the solitary cell, and connected the spots in his brain, thinking of mathematical problem. Strangely, I was moved by this scene. The loneliness of a man whose mind was absorbed in abstract ideas was depicted by picturing how strongly he intercourses with mathematical problems other people can hardly understand, far more vividly than by picturing how little he intercourses with other people. Maybe I also am a man of his kind. I guess that was why I moved by the trifle scene.

2012年11月13日火曜日

英文エッセイ「If I could go to and stay any place for 4 weeks vacation」

【テーマ】
If you could go to and stay any place for 4 weeks vacation, Where would you go? And why?

【佐々木の回答】
I like railway traveling. I have yearning for a travel by long distance train. I like to see mountains scenery. And the main setting of my most favorite novel is an American giant railroad company in the early 20th century. So if I could go to and stay any place for 4 weeks vacation, I would like to go to USA and enjoy traveling by transcontinental railroad.

2012年11月12日月曜日

英文エッセイ「About beautiful customs of Japanese people」

【テーマ】
Describe a custom from Japan that you would like people from other countries to adapt.

【佐々木の回答】
I don't think I am entitled to expect people of other countries to adopt customs of my country. But I guess some of Japanese customs can be regarded beautiful in foreign cultures. In Japan, your wallet lost in public places like streets or railroad stations is often delivered to a police station or the office of the institution by someone who found it. Many Japanese people make it a habit to restore what they found in public space to the owner of it. This custome is, I think, beautiful enough to be respecte by foreign people.

2012年11月11日日曜日

稽古リーダーを務める

昨日、今日と武術仲間で集まり稽古。いつも稽古のリーダーを務めてくれるメンバーが今日は休みで佐々木がリーダーを務めることに。自分より能力・集中力の高いメンバーに引っ張ってもらうことで自分の能力が限界を超えて伸ばされるような稽古はできなかったものの、自分の集中力に応じて適宜休憩的なメニューを入れつつ自分の能力に応じた稽古に取り組むことで、いつもとは違った深みのある稽古ができたのではないかと思った。あと改めてリーダーはフォロワーに育てられるなとも。

2012年11月10日土曜日

なぜ画像

広告記事を書くために取材先にお願いしてあったデータが添付ファイルで届いたので開いてみたらなぜか表をJPEG画像にしたファイルだった。元のスプレッドシート形式で送ってほしい旨のメールをお客さん宛に丁寧に書く手間と画像を見ながら自分で数字を手打ちする手間を比較して前者の方がめんどくさそうだったので後者を選んだ。自分が客側の立場になる時はこういう理不尽な思いをできるだけさせないようにしたいと思った。

2012年11月9日金曜日

聞けない問い

聞かれた側が不愉快になるような質問はできるだけ避けたいと思っているのでこんな質問を自分からすることはまずないだろうが「自動車の制限速度をすべての道路で20km/h以下に変更すると日本における交通事故死者が年間数千人10年で数万人100年で数十万人1000年で数百万人減少すると見込まれていますがそのような変更にあなたは賛成ですか?それとも反対ですか?その理由は?」と聞いてみたい気持ちにさせられる主張を展開している政治家や文化人や社会活動家は驚くほど多い。

2012年11月8日木曜日

英文エッセイ「About the salary of teachers」

【課題】
Do you agree or disagree with the following statement?
"Teachers should be paid according to how much their students learn."

【佐々木の回答】
I agree. From payers' point of view, how much you should pay should reflect how much you could get. As of the salary of teachers of municipal schools, the payer is the whole community. By public education, the community expects for the students to learn. So it is natural the teachers be paid according to how much their students learn. But the definition of the words and phrases must be precise. If "teachers" means individual teachers, I don't agree with the statement. Because education is achieved not by individual teachers but the team of teachers. If "how much their students learn" means scores of some paper tests, I don't agree with the statement. Because by the education, the community expects for the students not to get excellent scores in some tests, but to get mature enough to sustain the community.

2012年11月7日水曜日

英文エッセイ「About that election of that country」

【課題】
Bararack Obama won.
He made a big movement "change" last President Election, but anything not change.
So this time he had many hardships.
Next 4 years what will happen between U.S.A., Chaina, Russia, S.Koria and Japan etc.?
What do you hope to new Obama's politics? Why?

【佐々木の回答】
Does the questioner think the policy of Obama Administration will change or not? The sentence 2 says "anything not change," so he doesn't think it does. The sentence 5 says "new Obama's politics," so he thinks it does. Probably there was "change" of the questioners between sentence 2 and 5. I have little idea of the policy of Obama Administration, whether in past nor future. Hoping something to the politics of foreign countries seems to me like hoping someting to the rute of a typhoon or the timing of earthquakes.

2012年11月6日火曜日

英文エッセイ「About "The end of year special lottery tickets"」

【テーマ】
"The end of year special lottery tickets (Nenmatsu Jumbo Takarakuji)" season is coming.
What do you think of buying that trickery tickets?
Many people give not small money to Mizuho Bank etc. and 99.99999999% will be losers.
Of course all gamblings are illegal in Japan.
There is a big difference between the laws and the actualities.
Declare your personal opinion.

【佐々木の提出稿】
Public lottery is a great system.
There are two kinds of people in the world. One is those who want to be given much more than they give. The other is those who want to give much more than they are given, or at least want to give as much as they are given.
Lottery buyers are the former. Because they want to get millions of dollars in exchange for a few dollars.
Lottery sellers are also the former. Because they get dozens of billions of dollars in exchange just for a "dream" that has the probability of coming true as little as 0.00000001%.
Public lottery system provides those want-to-be-given-much-more-than-givers with a harmless activity in which they can appropriately waste their energy.
In addition, a portion of its sales is used for the public welfare.
Fortunately, I have never wanted to buy lottery tickets nor be involved in selling them.

2012年11月5日月曜日

英文エッセイ「About "Animal Testing"」

経済学セミナーの後講師の先生と佐々木を含む参加者3名で焼き肉屋に行きビールを飲んでまだアルコールが抜けないが英語塾の課題は寝る前にやる。

【英文エッセイテーマ】
Are you in favor or against of "Animal Testing"? Why?

【佐々木の提出稿】
I'm in favor of "Animal Testing." Because it reduces the risk of side effects to human being. Of course the victim animals of "Animal Testing" should be as few as possible. But at least "Animal Testing" should not be restricted by law. The protection of the rights(?) of animals is not government's job.

2012年11月4日日曜日

英文エッセイ「My most favorite hobby」

今日から来年2月末まで、メーリングリストを使った“****英語塾”に参加することになった。
これから約4カ月毎日、ディクテーション、英日翻訳、英文エッセイの3つの課題を提出しなければならない。
英語塾の課題を提出したら、もうこの日記を書く余力が残りそうにないので、当分、課題で提出した英文エッセイをそのまま転載して日記の代わりにしようかと思う。
こちらが本日第1回目のテーマと佐々木の提出稿。
書きたいことの十分の一も書けない感じだがまぁしかたない。

【テーマ】
“What your most favorite hobby is ? Why?"

【佐々木の提出稿】
My most favorite hobby is Japanese traditional martial arts "Bu-Jutsu".
I like this hobby mainly for three reasons.
1. KEEPS ME AWAY FROM VIOLENCE
Honestly, martial arts didn't make me so strong like professional fighters.
But in my experience, to defense yourself from violent people, you don't always have to be strong enough to beat them completely.
Violent people attack those who seem not to counterattack.
Martial arts gave me courage to counterattack against attack.
Since I started to learn martial arts, I have never been involved in trouble with violent people.
2. MAKES MY BODY AND SOUL COMFORTABLE
Martial arts require your body and soul to work efficiently to their limit.
The more efficiently your body and soul works, the more comfortable you feel your body and soul are.
3. GIVES ME DEEP INSIGHT INTO THE RELATION AMONG VARIOUS PARTS OF BODY INCLUDING MIND
Martial arts require you to watch carefully the state and movement of all your body parts, including your brain.
Through the practice of martial arts, you get deep insight into the relations among your body parts, and between your body and mind.
This insight make your movement and behavior more rational.
This insight also gives you a clue to understand the relations among people in the society.
[END]

2012年11月3日土曜日

価格メカニズム

全体最適を大まかな像として脳に描くことができているからといって、全体最適が実現される具体的なあり方や構造まで脳に描けているとは限らない。特に全体最適がいかなる“部分犠牲”と引き換えに実現されるのかとか、それでも全体最適の実現が追求されざるをえない理由とかまで含めて脳に描くのは、ほとんどの未成年者にはまず無理なのではないか。ミクロ経済学の教科書で
《アダム・スミスが示唆したように,市場経済が「見えざる手」によって導かれているとするならば,その有名な「見えざる手」が経済というオーケストラを指揮するのに用いる指揮棒が価格システムなのである》
という表現がされる時の「指揮」の比喩が、理解はされ得ても多くの人々に納得され得ずにいるのは、オーケストラの規模では指揮者という実体的な存在が担わなければならない機能が、国民経済とか世界経済とかいう規模では、逆に特定の個人とか組織のような実体的な存在が担おうとするとうまくいかず、価格メカニズムなどという非実体的な存在に担わせるとうまくいってしまうという、規模による逆転が容易に理解され難いだけでなく、そもそも全体最適の概念自体が理解され難いこともあるような気がする。

2012年11月2日金曜日

全体最適

子供のころオーケストラに指揮者が必要な理由がいまひとつわからなかった時期があったがあれはオーケストラにおける指揮者の役割を事実として知らなかったということ以外に全体最適という概念を実感として思い描けるだけの実力がまだ自分の脳になかったり全体最適という概念を実感として思い描く上での素材になり得るだけの社会経験がまだなかったりしたこともあったのではないかという気がする。オーケストラそのものに詳しくなる機会を持つことはほとんどなかったがそれでも自分の脳が成長しまた社会人としての経験を積むに従って全体最適の概念を実感として思い描けるようになればなるほどオーケストラにおける指揮者の役割も実感をもって納得できるようになってきた。こうした自分の体験から推測されることは全体最適の理解度は人によって大幅に異なるということである。これはかなり大事なことだと思う。

2012年11月1日木曜日

世代センス

毎月購読しているマーケティング関係のニュースレターの先月号に
《世代や時代間の価値観というのは、我々が思っているよりも、かなり大きい[‥‥]。世代が変わると「センス」が変わってしまうので、商品企画、広告、サービスのツボなどが全く別物になってしまう》
とのくだりがあるのを目にして自分が書く広告文も自分より10歳以上下の世代や上の世代の人々から自分が想像している以上の違和感をもって読まれているのかもしれないなと思った。その違和感を無理に打ち消そうとすれば違和感は余計に増大してしまうのだろうなとも。違和感なく自分の文章を受け入れてもらえる層の範囲を見定めてより受け入れられてもらえる表現を磨きつつ違和感を与えることを避けられない層に与える違和感をなんとか極小化する方向で努力していくしかないだろう。

2012年10月31日水曜日

意識対象

人の魅力はその人がどれぐらい自分の意識を自分の行動に向けられているかによって決まる部分が多くてたしかに自分の行動に関わらない対象に意識をまったく向けられない人に魅力を感じるのも難しいわけだがある一定の水準を越すと自分の行動に関わらない対象に意識を向ければ向けるほどその人の魅力は失われていくしネットでもリアルでも発言の盛んな方々の多くは自分の行動にまったく関わらない対象についての発言を繰り返すことで自ら自分の魅力を失わせているように佐々木には感じられるとか思ってこんなことを書いている佐々木の意識は自分の行動にまったく関わらない対象に向いてしまっている。

2012年10月30日火曜日

また熊本へ

本日は熊本県八代市で取材。朝4時に起きて羽田7時40分発熊本9時40分着の飛行機に乗り熊本空港で11時にクライアント本社および現地営業所の方と落ち合い車に乗せてもらい現地営業所で打ち合わせ後昼食をご一緒して午後2時半から4時まで取材。再び車で熊本空港まで送ってもらい熊本空港19時50分発羽田21時20分着の飛行機で帰って来た。行きの飛行機の機窓から阿蘇山全体をきれいに一望できてとても得した気分。今回初めてスカイマークを利用。あれぐらいのサービス水準が佐々木にはちょうどよく感じられた。

阿蘇熊本空港にて
帰りのスカイマーク機

2012年10月29日月曜日

経済学セミナー4回目

経済学セミナー4回目。本日のテーマは「補完性」。複数均衡の理論や協調ゲームの理論から、プラットフォームシェアの問題や、日本企業の世界的成功と衰退の問題を解いていただいた。数学的な説明の部分は理解しきれない部分も多かったが、経済学における数学の位置づけだとか、経済学が数学に依拠するメリットとデメリットだとかが、かなり見えてきた気がした。

2012年10月28日日曜日

個人名刺

ここ何年かペンネームでしか仕事をしていなかった上に今年春に引っ越したので現住所が書かれた本名の名刺を持ち合わせていなかった。それで別に不自由はなかったのだが本名の名刺を添えて自己紹介した方がよい機会も巡ってくるようになったので名刺用の台紙を買ってきてWordでちゃちゃっと「東京アイン・ランド読者会主宰」の肩書で名刺を作ってみた。なんかしょぼい。これではちょっと相手に失礼かも。アイン・ランドにも申し訳ない気が。

2012年10月27日土曜日

失敗人生

自分のこれまでの人生成功か失敗かで無理矢理分けるとすればどちらかと言えば失敗に分類される人生だったとは思うが失敗は失敗でも将来への希望を多いに残す形の失敗ができてよかったなと思う今日この頃。

2012年10月26日金曜日

限界費用

『マンキュー入門経済学』を読み返し中。第1章の「経済学の十大原理」は何年前に初読した時はわりとあたりまえのことが書いてあるだけという感じで読みとばしてしまったが改めて読み込むとけっこう深い。経済に関する他人の主張を聞いてなんかへんだなと感じながらもどうへんなのか説明できない時のそのへんさ加減の多くはこの十大原理から説明できそうな気がしたし自分でも正直よく理解してきれてないところがあったなと。特に限界費用と平均費用の関係とか文章で読めばあたりまえのことなのだが実際に現実の問題のコストを考える時はけっこう混同して考えてしまっていることが多かったと反省した。

2012年10月25日木曜日

笑うRander

昨年アメリカで発売されたアイン・ランド原作の映画「Atlas Shrugged Part I」のDVDには特典映像の違いによって4つのマイナーバージョンがあって佐々木は自分でもバカだなーと思いつつ4バージョンすべて買ってしまったのだがその中の1つ「Reason Special Edition」にはアメリカでリバタリアニズムの雑誌「リーズン」を出版しているリーズン財団という組織の設立者たちが彼らにとってのアイン・ランドについて語っているインタビュー映像が収録されていてその中の1つマニー・クラウザーという方へのインタビュー映像を見たらものっすごくニコニコしながらアイン・ランドについて語っていてあぁアメリカのランド・ファンでもちゃんと笑顔で話せる人がいるんだと妙な安心と嬉しさを覚えた。なんか筋金入りのランド・ファンって笑顔にならないっていうイメージがあったから。ランドの作品でもいつも笑顔でいるような人物ってあんまり登場しないし大事なことを笑うように仕向けるのは人間支配の一手段だみたいな趣旨のセリフもあったりするし。たしかに笑顔ってある種ごまかしの面もある。だから2年前に佐々木が主催したアイン・ランド・ファンが集うイベントの懇親会で半分お遊びで撮ってもらった佐々木へのインタビュー動画でヘラヘラ笑ってる佐々木を見てこいつが主催するイベントには行かないでおこうとか考えるアイン・ランド・ファンもいるかもしれないなぁとか考えていた。それだけにあのマニー・クラウザー氏の笑顔にはちょっと救われる思いがした。

2012年10月24日水曜日

不愉快な真実を語り続けた者たち

経済学セミナーでマクロ経済学の教科書として推薦された『マンキューマクロ経済学』(第3版)のⅠ巻入門編の冒頭はジョン・スチュアート・ミルによる次の言葉の引用で始まっていた。
《政治や社会生活に関する諸法則のうちで,科学の端緒となるに十分なほど精査され体系化された事実の集積が存在する分野は,専門的に教えられるべきである.そうした分野の筆頭にあげられるべきは政治経済学,すなわち人間社会の総体としての富や物質的繁栄のための根源や条件に関する学である.……
論理学を低く評価するのと同じ人々が政治経済学についても同じ警告を発するであろう.政治経済学は非情であると彼らはいうであろう.確かに政治経済学は不愉快な事実を認める学問である.しかし私からみれば,最も非情なものは重力の法則である.どんなにすばらしい人であっても,ほんの一瞬重力の法則を無視すれば,あっさりと首を折られて死んでしまうからである.風や波でさえ,非情ではないか.しかし航海に旅立とうという人に対して,あなた方は風浪そのものを否定しなさいというであろうか.風浪を利用するようにし,風浪の引き起こす危険に対して注意をするように忠告するのではないだろうか.政治経済学の分野の偉大な著作を学び,それらの中で真実であると思える内容に従いつづけることを,あなた方に勧めたい.あなた方がもともと利己的であるか,すでに非情になっていない限り,政治経済学があなた方をそのような人間に変えることはないであろう.》
不愉快なことを語る非情な者たちと謗られながら国民社会や人類社会に貢献する道と信じて真理 を考究し論究し続けた経済学者達の系譜の志を思い胸が熱くなった。

2012年10月23日火曜日

責任者

池の水の表面は平面である一方で地球の表面の7割を覆う海の表面は球面であるように規模の違いが大きくなると性質が正反対になるのはよくある話。どこから性質が逆になるのかの境界はあいまいなだけに境界があいまいであることをもって境界が存在しないかのように誤解してしまうのもこれまたよくある話。大昔には池の水の表面のあり方を海の表面のあり方に押しつけて海の果てはいったいどうなっているのだろうかという問いを立てて海の果てから滝のように水が落下している像を思いが描いていた人もいたとか。これは問いの立て方自体がそもそもおかしいのだがこういうおかしな問いの立て方を人間というのは相当頻繁にやらかしてしまうと考えた方がおそらくよい。たとえば責任者という概念を巡っても。責任者という概念が成立する組織規模や時間範囲は相当限定されていると佐々木は思う。意識的な協業や分掌が成立しないほど大きな社会スケールや時間スケールにおいては責任者という概念自体が成立しないのではないか。責任者という概念が存在し得ないスケールの事象に関しては誰のせいなのかという問いを立てること自体がおかしい。責任者という概念をめぐっては海の果てから滝が落下する像に勝るとも劣らない滑稽さをはらんだ物語が紡がれ続けているように佐々木には見える。悪者とか権力者とか支配者とかいうのもすべて責任者の類似概念である。

2012年10月22日月曜日

自然失業率

経済学セミナー。今日は3回目。テーマは「自然失業率」。何十年か前、セミナー講師の経済学者の方がまだ学生だった時、ちょうど経済学界で提唱され始めた「自然失業率」という概念に対して、その経済学者の先生だった経済学者の方が、「『自然失業率』なんていう言葉は許せない」と憤慨していた、という話がおもしろかった。要は、完全雇用の実現は経済学者の使命であって、「失業している国民が存在するのが自然」などという発想は、許されざる敗北主義だ、というわけなのだろう。「『自然失業率』なんていう言葉は許せない」と憤慨する経済学者と、「『自然失業率』の存在を認めず無理に完全雇用を目指す政策を採用すればかえって失業率は高まる」と考える経済学者と、どちらがより多くの国民に「正義の味方」として認識されるかといえば、圧倒的に前者であるに違いない。佐々木の印象は逆だが。

2012年10月21日日曜日

市場?

経済学セミナーで推薦された、ある日本人経済学者によるミクロ経済学の教科書を読み始めた。「はしがき」はとてもわかりやすく、また志高い感じで、これは期待できそうな本だと胸が踊ったのだが、「序章」に入るやひっかかる記述が続出。どうひっかかるのか、うまく説明できないのだが。展開されている理論が、現実の社会とどのような関係を持っているのかに無自覚なまま、現実の社会を理論で説いてしまっているというか。イデオロギー的であることに無自覚なままに、イデオロギー的というか。たとえば、序章の最初の節「市場の有効性」は、いきなり太字でこんな記述から始まる。
市場では、他人が最も必要としている財やサービスを、より安く供給する個人や企業が成功します。このことを通じて、市場は国民の生活水準を改善します
この記述は、現実の世界におけるいかなる市場においても、他人が最も必要としている財やサービスをより安く供給する個人や企業が成功している、という情報を、疑いのない事実として伝達しようとしているのか? それとも「他人が最も必要としている財やサービスを、より安く供給する個人や企業が成功する」ような場を指して「市場」と定義することを宣言しているのか? あるいは、他人が最も必要としている財やサービスをより安く供給することを、「市場における成功」と定義することを宣言しているのか? どうも判然としない。序章は延々この調子である。何年か前に買って途中まで読んでほったからしにしていた有名なアメリカ人経済学者による経済学の入門的教科書を読み返してみたら、こんなあいまいさはまったく見当たらなかった。ただこのひっかかりかたというかあいまいさは、ある意味、経済学そのものより興味深い。このミクロ経済学の教科書、がんばって最後まで読んでみたい。

2012年10月20日土曜日

政治の季節

佐々木が大学生だった1990年頃に習った当時40代か50代ぐらいのたしかフランス語の先生が1970年頃の世界を振り返って「あの政治の季節」という言い方をしていた。当時に比べれば現代など政治的な対立はないに等しいぐらいのニュアンスで。社会に対する考え方が自分とはまったく異なる人々の言説をネットで目にする機会がソーシャルメディアの発達で増えたせいもあるのかもしれないが「政治の季節」はまた巡ってきているのではないかもしれないと感じる。佐々木が20代30代の頃は自分の政治に対する考え方が日本のごく一般的な人々の政治に対する考え方とかけ離れているという感覚はそれほどなかった。最近はごく普通の人々が口にする政治的な考えに対し自分の考えとのあまりにも大きなへだたりを感じることが多い。単に佐々木自身の考えが少数派の考えに変化してきたというだけのことではないように思える。

2012年10月19日金曜日

ゴリッ、ゴキッ

定型的な表現としてかなり以前から存在してはいたものの最近目にしたり耳にしたりする機会が急増したと感じる言い方の一つに「ご理解・ご協力を(お願いしますorありがとうございました)」というのがあってこれはいわば命令や通告をオブラートで包む表現なわけだから「ご理解・ご協力」を要請される側がそれほどよい気持ちにならないのは当然のことなのだが快適ではないのはあくまで命令や通告を受ける事態そのものなのであって仮に「ご理解・ご協力を」という表現そのものに不快さを感じることがあるとしてもそれは命令や通告を受ける事態の不快さを隠蔽する行為に感じる不快さなわけだから主従の関係で言えば「ご理解・ご協力を」という表現の不快さは従属的な不快さに過ぎない。命令や通告を受ける個人の側にとって命令や通告が不快なものであるとしても命令や通告そのものの不当さを意味するわけではない。なさねばならぬ命令や通告がある以上命令や通告を受ける側の感情的な反発が少しでもやわらぐ形でなそうと命令や通告をなす側が工夫するのはもちろんある種の保身なのだろうがもっと素直に命令や通告を受ける側への気遣いと受け取ってもよい気がする。その意味で「ご理解・ご協力を」というのはうまい表現だと思う。意味的によくできてるだけでなく音的にもよくできてる。「ご理解」の出だしの「ゴリ」と「ご協力」の出だしの「ゴキ」が特によい。意味的にはへりくだる裏で音的には「ゴリッ、ゴキッ」ってもうなんか有無を言わさない感じで。

2012年10月18日木曜日

『南郷継正 武道哲学 著作・講義全集 第十二巻』冒頭読み返し中

冒頭の「読者への挨拶」が第一巻冒頭の「読者への挨拶」の書き直しであることとその釈明のあまりにもの納得のいかなさにガックリきてしまいきちんと読み込まないままほったらかしになっていた南郷継正先生の『武道哲学 著作・講義全集』の第十二巻』をふと思い立って読み返し始めた。第二章「『学苑 アテナ・ミネルヴァ』の学びの必然性と「哲学への道」」の(Ⅰ)「『学苑 アテナ・ミネルヴァ』大学基礎講座」のところでおやっと思った。【一】「学問入門への基礎学問講座」のB「弁証法(自然の弁証法・社会の弁証法・精神の弁証法)入門講座」のカッコ内に「統合弁証法」が追加されて「弁証法(自然の弁証法・社会の弁証法・精神の弁証法・統合弁証法)入門講座」になっていたから。第四巻「武道哲学講義〔Ⅰ〕」で展開されていた「弁証法の三重構造」の話をより厳密に反映させての変更なのだろう。第十二巻「読者への挨拶」ももっとまじめに読み込まないといけないと思った。

2012年10月17日水曜日

科学的

移動中にポツポツ読み続けている『看護の生理学―人間をみる看護の視点』(薄井坦子・瀨江千史 著)、第3巻に入った。瀬江氏による人間の生理構造についての見事に科学的な説明も素晴らしいが、ところどころで挟まる薄井氏による「実践家(科学自体を専門とはしない人々)が科学的なものの見方ができるようになるための心がけ」とでも言うべきアドバイスがとても心に響く。たとえば次のような箇所。
《【薄井】何かに疑問や問題意識を感じた時、私達はついそのことについて一生懸命に考え込んでしまい、活路をみいだせなくなったりしますね。常に他のものと比較しながらそのものの特徴をみいだしていくということが、つまり共通性を押さえて相違性をみいだすという頭の訓練が、看護のように複雑な対象と取り組むうえでの土台になります。ぜひ、そのへんをお話しください。》(第2巻6ページ)
《【薄井】生命とは何だろう、生命を維持するとはどういうことなんだろう、生命がなくなる、つまり死とは何なんだろうなどと考える時には、生命とそれ以外のものとの共通性と相違性を押さえておかなければ納得できる答えにいきつかないのです。それが理論的な追究ということなのです。》(第3巻20ページ)
ごく狭い範囲の事象についてどのような見方・考え方をすればいいのかを説ける人はいくらでもいても、専門分野全体とか人間一般とか世の中全体とかそういう広い範囲の対象についてどのような見方・考え方をすればいいのかを説ける人は少ないし、説けたとしてもそのほとんどは先験的な説明を対象に押しつける非科学的な見方・考え方で、対象を対象自体から説明する科学的な見方・考え方を説ける人はほとんどいない。これができる瀨江氏や薄井氏のホンモノぶりが改めて印象に残る本である。

2012年10月16日火曜日

仮定

昨日出席した経済学のセミナーで現実にはあり得ない仮定に基づく生産モデルでの生産量と価格の関係について分析した理論についておそらく大学卒ぐらいの学歴はあるように見える受講者の一人からそんな現実には存在しない仮定について分析することに何の意味があるのかわからないという質問が出されて驚いた。もし現実に存在しない仮定の状況に関する理論が無意味ならたとえば抵抗がない空間での物体の運動に関する法則とかああいうたぐいの理論も無意味だということになるのだが。

2012年10月15日月曜日

経済学セミナー2回目

本日経済学セミナー2回目。テーマは「資源配分」。経済学の定義(「効率的な資源配分の研究」)とか、経済学の限界(「経済学では学問的には『平等』とか『公平』については何も言えない」等)とか、経済学の大きな枠組みについて理解できたのが収穫。参加人数が十数名で経済学者の先生に質問し放題だった。講義が終わってからの帰り道に思い浮かんだ疑問の一つが「市場の失敗」という概念から「平等」とか「公平」とかいう概念は厳密に排除されているのかということ。マクロ経済学とミクロ経済学の基本的な教科書を指定していただいたので買って読み込もうと思う。

2012年10月14日日曜日

素手弁

久しぶりに弁当を作って外出したら箸を忘れたことに昼どき弁当箱の蓋を開けてから気づいて箸一膳せしめるためにコンビニで惣菜一品買おうかとも一瞬思いかけたがまた弁当箱の蓋を閉めてコンビニまで歩いていくのが面倒なりそのまま指先でご飯やらおかずやらをつまんで食べたら玄米ご飯に焼いた目刺し3匹と茄子のぬか漬けと梅干しだけの粗末な弁当がよけいわびしく感じられた。玄米ごはんって指でつまもうとしてもボロボロ崩れてなかなかつまめないし。今度弁当を作って出るときはたとえおかずは忘れても箸だけは忘れないようにしようと思った。

2012年10月13日土曜日

石と池

三浦つとむの『弁証法はどういう科学か』は佐々木の二十年来の座右の書だがこの本の中の心つかまれる部分はその時々で変わっていく。最近『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』(戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎共著)を読んでいて思い出されてずっと頭の中にあるのは次の部分。
《科学は原因と結果のつながり、いわゆる因果性というものを問題にします。池に石を投げると波紋がおこる、波紋がおこるとハスの花がゆれる、―これが因果関係です。石が原因、波紋が結果、原因が結果を媒介する、これが常識です。しかし因果のつながりを考えると、波紋という結果そのものは、同時にまたハスの花をゆれさせる原因ともなっているわけで、ここに結果と原因との直接の統一があります。さらにつっこんで考えてみると、水の波紋が石の結果だと一方的にきめてしまうこともできなくなります。もしこれが氷なら、波紋は起こらないでしょう。水自身、石によって波紋を起すような性質を持っていたことが、やはり波紋の原因の一つであると考えなければならなくなります。》(「「対立物の相互浸透」とはどういうことか」「因果関係の構造」)
日本が勝てない戦争にのめりこんだ原因についてさまざまな論考が提出されている中でこの『失敗の本質』はいわば「石が投げこれまたこと」よりも「池の表面が氷ではなく水だったこと」について論考している書といえる。佐々木の感覚では大事なのは前者よりも後者である。池の表面が氷ではなく水である限りなんらかの形で波紋は起こらざるをえないわけでどの石で波紋が起きたかは本質的ではない。それなのに石にばかり注目して水の性質に注目しない論考には強い違和感を覚える。いわゆる陰謀史観もこの発想である。

2012年10月12日金曜日

社会観・人間観の補正

人体が諸細胞の高度な有機的結合によって構成されているように社会もまた諸個人の高度な有機的結合によって構成されているわけだから人体と社会は高度な有機体としての共通性を持っているわけだが当然両者の間には相違もあってこの相違をどの程度大きく見るかは人によって異なる。佐々木自身はどちらかと言えばこの相違を小さく見る部類だと思う。たとえば国家とか社会というのは個人が集まってできたものだみたいな言説だとかそういう発想に基づく言説を目にしたり耳にしたりすることは本当に多くてそのたびに佐々木は違和感を覚える。それってまるで細胞同士が寄り集まって人体を作ったみたいな発想じゃないかと。ただしそういう発想が生まれてくる客観的根拠はたしかにあるわけでそれがいわば人体と社会の相違点なわけだが自分がその相違点を過小評価しがちな傾向を持っていることは強く自覚して自分の社会観や人間観を補正していく必要はあると感じている。

2012年10月11日木曜日

黒髪

人種的特徴に手を加えることは政治的・文化的にデリケートな問題をはらんでいるように思われる。特にマイノリティグループ(被支配層・被差別層)に位置づけられる人種に属する者が自らの人種的特徴をマジョリティグループ(支配層)に位置づけられる人種の人種的特徴に近付ける形で改変する姿には何か禁忌と認めること自体にためらいを覚えるような禁忌ともつかない禁忌を犯しているような犯忌性と心の痛みとも体の痛みともつかないような独特の悲しみとを感じる。これはおそらく佐々木一人の感覚ではない。すでに故人となったある有名黒人ミュージシャンの肌が青年期に突如白くなったことについて公式には皮膚病によるものとされているにもかかわらず白人に近づくために肌を漂白したのだとの噂が日本を含む世界中で絶えずかつ公式説を支持する立場からはこの噂が誹謗中傷と難じられていたことからもこの問題のデリケートさについての認識が日本を含む世界中で共有されていることがうかがえる。ところが世界規模の分類では被差別層に属する黄色人種たる日本人の特に女性が自らの人種的特徴である黒い髪を恥じて支配層たる白色人種の髪の色に近い色に脱色もしくは染色する行為がこのようなデリケートな問題をはらんでいるとする見方は少なくとも日本においては佐々木の知る限りまったく一般的でない。それがなぜなのか。いまだに合理的な説明を思いつかない。

2012年10月10日水曜日

「対立物の相互浸透」について最近感動をもって発見したことを図にしてみた5

先月末のエントリの続き。さらによく考えてみるに、A→BであることがそのままB→Aでもあるとか、A自体のあり方が本質的にB化することを含んでいたりB自体のあり方が本質的にA化することを含んでいたりするとか、そういうことが見えてくればくるほどA自体のあり方もB自体のあり方もAとBの関係もはっきり見えてくる段階というのがあるのだが、その段階をさらに過ぎると、今度はこうしたあり方が見えていることでかえってA自体のあり方もB自体のあり方もAとBの関係もぼんやりとしか見えなくなってくる段階がある。で、またA自体もB自体もAとBの関係も曖昧模糊としか認識できない最初の段階に戻る。ただし一周回った後のAとBは一周回る前のAとBと同一ではない。この感じも図にしておく。

2012年10月9日火曜日

誤解力

『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』(戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎共著)を読んでいてつくづく思うのはどうやら人は理解力の弱さよりもむしろ誤解力の強さによって破滅に到るらしいということ。はたから見てあるいはあとから振り返って誤解とわかることも当の本人にとってあるいはその時その場の状況では正しい理解以外の何ものでもないのがつらいところだけど。自分の理解は誤解ではないかと繰り返し点検する習慣が自分の身の破滅を少しでも遠ざけると信じたいしそのような習慣のない人物の理解を特に強く疑う習慣もまた自分の身の破滅を遠ざけるのではないかと想像する。

2012年10月8日月曜日

自然ずきと権力者ぎらい

“自然”を礼賛する人々と“権力者”を嫌謗する人々が重なりがちなのはおそらく“自然”と“権力者”の間に共通性があってこの共通性に対し共通する態度を取る人々が自然保護派かつ反権力派になるのだろうがこの共通性と共通する態度って何なんだろうと考えてみるとやっぱり自分よりも圧倒的に強力で思い通りにならない力という点が共通でこういう力の存在に対してその本質や構造を見極めて主体的に利用する態度が欠けているところが共通する態度なのかなと。あたりまえすぎか。

2012年10月7日日曜日

万年筆が急に手になじみだす

学生時代に7千円ぐらいで買って気に入った文章の筆写などに使っていた国産万年筆を社会人になってからからはほとんど使わずにいたのだが数ヶ月前ぐらいからまた週に1回ぐらいとりとめもないことを書くのに使っていたのだが今日急に万年筆で書いて書いてかきまくりたい衝動にかられて2時間ぐらい書き続けたら万年筆の方が自分の書き方になじんできたようでいきなりインクの出がなめらかになってすいすいすいすいペン先から文字がつむぎだされるようになって驚いた。

2012年10月6日土曜日

手書き原稿

佐々木が学生時代から私淑している先生が文章はパソコンにキーボードで打つより紙に手書きした方がずっと頭がよくなると主張されていることもあってたまに万年筆を手にとり文章を書くことにチャレンジしてみるのだがたまにはたまにでもあまりにもたまにすぎて認識力の向上にはほとんどつながっていない。ただこれをずっと続けていたらさぞかし頭がよくなっていただろうということは最近になってようやく実感するようになった。手書きで原稿を書くのがあたりまえだった昔のライターさんたちを改めて尊敬する。よくこんなに難しいことをあたりまえにできたなと。ロボットを使った遠隔手術の話を聞いた時よくそんなことができるなと驚いたものだがそれに近い感覚。だって手書きで原稿を書く場合自分の肉体の操作の結果生み出されていくのは目の前の紙の上の文字なのに実際に操作しているのは時間的にも空間的にもその場から隔てられた印刷工場で印刷される紙面上の活字の配列でありその配列を媒介に生み出される読者の認識なのだから。手書きで原稿を書くということは目の前の原稿用紙と印刷される紙面と読者の認識のいわば3種類のまるで性質の異なるディスプレイを重ね合わせて眺めながら自分の認識と実体を操作していくということだ。重ね重ねよくまぁそんなことができるものだと思う。

2012年10月5日金曜日

まるで金づちを釘に押しつけるばかりで振り上げることなど思いも寄らないかのような

前進するための後退を自分が意図的に活用できてなかったってやっぱりけっこう自分にとっては汎用性の高い話で休息の取り方にしても仕事への取りかかり方にしてもアイデアの出し方にしても自分の努力の注ぎ方がなにかにつけ一方通行だったことにこの歳になってようやく気づかされたことにけっこうヘコみながらもまぁ遅ればせながらようやく気づけたことでこれから努力の効率はけっこう上げていけるのではないかと希望も感じている。今まではまるで金づちで釘を打つのに金づちを釘に押しつけるばかりで金づちを振り上げるという動作があり得ることなど思いも寄らなかったような状態だったなと。

2012年10月4日木曜日

『失敗の本質』を読み返し中

『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』(戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎共著)を読み返し中。数年前に初読した時はわりと事前に知っていた結論の確認ぐらいの感じでサラッと読みとばしてしまったのだが今回はなぜか自分の判断ミスによって数万人の命が奪われるような地位にもし自分が就いた時に自分が犯すであろう判断ミスの見本として背中に冷たいものが走るような恐怖と共に本書の内容が迫ってくる。そんな地位に佐々木が就くことはないはずなのだが。また自分自身がそのような地位に就くことはないにしても本書で描かれるような判断ミスを犯しやすい人物がそのような地位に就きがちな国家の国民として自分が生きている恐ろしさも重く迫ってくる。

2012年10月3日水曜日

前進するための後退を意図的に活用する云々の中身

たとえばトレーニングの中である点状の意識の位置をより深くする努力が行き詰まった時にあえてその意識の位置をより浅くしてみて次にまた深くしてみてということを繰り返してみるとただひたすらより深くしようとするよりもけっこうあっさり意識の位置を深くすることができたりあるいはある線状の意識の先をある点状の意識により正確に当てる努力が行き詰まった時にあえてその点状の意識の位置から数ミリずらした位置に線状の意識の先を当ててまた正しい位置に当ててということを繰り返してみるとただひたすら正確に当てようとするよりもけっこうあっさり線状の意識の先を点状の意識の中心に正確に当てることができたりという体験をしたということが昨日書いた前進するための後退を意図的に活用する云々の中身。別にたいした話じゃないけど個人的にはけっこう感動。わりと普遍性がありそうで。

2012年10月2日火曜日

後退

具体的なことは書かないでおくがいろいろ自分が取り組んでいるトレーニングで「前進するための後退」を意図的に活用すればトレーニングがより効率的になることに一昨日気づいたことをここにメモしておく。

2012年10月1日月曜日

経済学のセミナーに行ってきた

今夜はある経済学者の方が都内で開催する全12回の社会人向けの経済学セミナーの1回目に参加してきた。今回のテーマはリスク管理。特に人々がマイナスのリスクを過大評価する要因について。国の政策に影響力を持つ人々がリスクを正しく評価する能力を持たないために膨大な社会的損失が発生していてこれからも発生し続ける状況をどうすればいいのかが重要な課題みたいな話。佐々木としては社会の大多数の人々の感情や思考を言論によって変えるなんてそもそも無理だと思うし一民間人としては人々がマイナスのリスクを過大評価する法則性がある状況を前提にいかに自分自身が損害を防ぎいかに適正な利益を得るかを考える以外にないと思ったので「人々がマイナスのリスクを過大評価する傾向があることを利益の源泉とするようなビジネスモデルは存在しないのか?」と主宰の経済学者の方に質問させていただいたのだがどうやら佐々木がマイナスのリスクの過大評価を煽るような言説で金儲けをする人々への義憤からそのような質問をしたと誤解されてしまったようでマスコミがセンセーショナルな報道に傾くのは仕方ないみたいな回答をされてしまった。そうではなくてあくまで自分が損をしないようにするにはどうすればいいのかを知りたかったのともう一つは実際に人々のバイアスを利用して大儲けしているビジネスが存在することを人々が知れば結果として人々のバイアスが正されてそれは社会正義にもかなうのではないかと思ってそのような質問をしたのだが趣旨が伝わらなかった。佐々木は仕事でインタビューしていても時々質問の趣旨が相手に伝わらずしかもどう相手が誤解しているのかをうまく把握して相手に伝えることができずうやむやになってしまうことがよくある。なんとかしたいと改めて思った。あと主催者の経済学者の方は命が関わる問題にコストの話を持ち込むことに反対することが道徳的で美的で尊敬の対象になるべきことと考えている人々から金儲け主義者の下僕みたいに見なされている方なのだが人々の愚かさを利用して金儲けをするみたいな発想はみじんもなくてただただ人々の愚かさから馬鹿げた損害が発生する状況を本気でなんとかしたいと考えている方なのだということがよくわかった。

2012年9月30日日曜日

別に乳児期の記憶があるわけじゃないが

A→Bであることが同時にB→Aでもあるような相互浸透のありかたが実感としてとらえられたときの感動というのはいろいろあったのだがその中の一つとして乳児期の学習のありかたってまさにこういう感じなんじゃないかとまるで自分自身の乳児期を思い出すかのように想像できたことがあったことをここにメモしておく。「A→Bであることが同時にB→Aあるようなことはありえない」みたいな頭の固さが身についていくことは学習能力のある面の向上のために必要なことではあるのだがそのために劣化してしまう学習能力もあるんだろうなと思ったことも。

2012年9月29日土曜日

「対立物の相互浸透」について最近感動をもって発見したことを図にしてみた4

昨日のエントリにアップした図を見ていて、別に相互浸透の構造的な把握などできなくてもA→Bの過程とB→Aの過程が交互に現れることぐらい普通にわかる感じを表現できてないと思ったので、図を修正して再アップする。いつまでやってんだ俺も。







2012年9月28日金曜日

「対立物の相互浸透」について最近感動をもって発見したことを図にしてみた3

昨日のエントリにアップした図を見ていて、ある段階まではAを非BとしてまたBを非Aとして見て取れるようになればなるほどAをAとしてまたBをBとして正しく見て取れるなるのだがある段階を過ぎると今度はAをB化するものとしてまたBをA化するものとして見て取れるようになればなるほどAをAとしてまたBをBとして正しく見て取れるようになる感じを表現できてないと思ったので、図を修正して再アップする。







2012年9月27日木曜日

「対立物の相互浸透」について最近感動をもって発見したことを図にしてみた2

昨日のエントリにアップした図を見ていて、AとBが相互浸透するありさまをよりハッキリ見て取れるようになればなるほどA自体、B自体のありさまもよりハッキリ認識できるようになる感じを表現できてないと思ったので、図を修正して再アップする。







2012年9月26日水曜日

「対立物の相互浸透」について最近感動をもって発見したことを図にしてみた

弁証法で言う「対立物の相互浸透」について、最近感動をもって発見したことがあったので、図にしてみた。









佐々木が何に感動しているかというと自分はこれまで「対立物の相互浸透」を「段階その3」まででしか理解してなかったということが「段階その4」の把握の仕方が突然できるようになると同時にわかったこと。それがどういう感動なのかはまず理解されないだろうけど。

2012年9月25日火曜日

身勝手な選挙運動

地元の市議会選挙がようやく終わりあの迷惑な選挙カーの騒音から解放されほっとしている。周囲数キロに響きわたるほどの大音量でメッセージを流しながら住宅街を車で流すなど原則的には許されることではない。この原則に例外が認められるのはそのメッセージが聴き手に有益である場合に限られる。候補者が自らの主張や立場を訴えるなら有権者にとってまだ有益だが「支援のお願い」などいくらされても有権者にとって有益なことは一つもない。たとえば求職中の人間がオフィス街のビルに入り込んで「○田△夫です!私を雇ってください!一生懸命頑張ります!よろしくお願いします!」とか拡声器を使って叫んで回ったら大迷惑以外の何ものでもない。多くの候補者がそれと同じことをしている。それをおかしいとも思わない人間が議員の多くを占めていると思うと暗澹たる気持ちになる。

2012年9月24日月曜日

2012年9月23日座間市議選開票結果

座間市に引っ越してきて始めての選挙である市議選が昨日あって開票結果が今日発表されたがどのような主張を掲げる候補者がどれぐらい得票する地域に自分が住んでいるのかを知っておくことは有意義であることのように思われるので各候補が選挙公報に掲載した主張を得票数・当落・現新と共に得票数順に並べておく。

【2012年9月16日座間市議選開票結果】
定数:23人
立候補者数:30人
有権者数: 103,979人
投票者数: 41,569人
投票率: 39.98%

芥川薫さん(40歳、無所属、新人) 2915票 当選

松橋淳郎さん(44歳、無所属、新人) 2559票 当選

佐藤弥斗さん(42歳、無所属、現職) 2276票 当選

荻原健司さん(40歳、無所属、新人) 2203票 当選

沖本浩二さん(52歳、無所属、現職) 1981票 当選

稲垣敏治さん(63歳、公明党、現職) 1892票 当選

上沢本尚さん(53歳、公明党、現職) 1836票 当選

安田早苗さん(55歳、公明党、新人) 1821票 当選

小野たづ子さん(62歳、公明党、現職) 1802票 当選

沖永明久さん(53歳、市民の党、現職) 1688票 当選

中沢邦雄さん(70歳、共産党、現職) 1656票 当選

吉田義人さん(44歳、無所属、新人) 1625票 当選

長谷川光さん(68歳、無所属、現職) 1571票 当選

安海のぞみさん(56歳、神奈川ネットワーク運動、現職) 1545票 当選

守谷浩一さん(32歳、共産党、現職) 1537票 当選

京免康彦さん(47歳、無所属、現職) 1504票 当選

伊田雅彦さん(51歳、無所属、現職) 1474票 当選

伊藤優太さん(27歳、みんなの党、新人) 1317.56票 当選

池田徳晴さん(63歳、民主党、現職) 1266票 当選

加藤陽子さん(48歳、神奈川ネットワーク運動、新人) 1264票 当選

竹田陽介さん(28歳、無所属、新人) 1160.699票 当選

伊藤正さん(61歳、無所属、現職) 1034.439票 当選

星野久美子さん(51歳、共産党、新人) 944票 当選

竹市信司さん(45歳、無所属、現職) 771票 落選

三枝浩樹さん(29歳、無所属、現職) 325票 落選

田中臣二さん(68歳、無所属、新人) 316票 落選

佐野森吾さん(38歳、無所属、新人) 302票 落選

武田武さん(45歳、無所属、新人) 205.3票 落選

清水健さん(74歳、無所属、新人) 127票 落選

鈴木孝宣さん(74歳、無所属、新人) 126票 落選

今回は佐々木が共感できる主張を掲げる候補者が一人もいなかった。各候補が実現を目指すとしている政策のほぼすべての前に「(アナタ以外の誰かから取り立てるカネを使って)」というただし書きが隠れているように佐々木には見えてしまう。
 
QLOOKアクセス解析