2011年10月23日日曜日

スーファミ

自分の容姿に極端な引け目を感じるのは「容姿コンプレックス」。

自分の学歴に極端な引け目を感じるのは「学歴コンプレックス」。

ならば自分が育った家庭に極端な引け目を感じるのは「ファミリーコンプレックス」。

略して「ファミコン」。

佐々木の場合程度が甚だしいので「スーパーファミコン」とも言う。

まともな家庭に育った人や自分の家族と仲良くしている人を見ると「自分とはまったく違う世界に属する人」と感じる。

そういう人と親しくなることに対して自分の中で自動的にブレーキがかかる。

自分が相手にさせる不愉快な思いと自分が相手からさせられる不愉快な思いの両方を想像して。

自分が相手にさせる不愉快な思いというのは育った家庭の暗さから来る自分の心の暗さが育った家庭の明るさから来る相手の心の明るさに落とす影のようなもの。

自分が相手からさせられる不愉快な思いというのはまっとうな家庭観を持つ相手が自分のゆがんだ家庭観に対して抱く矯正の使命感とその発露としての非難問責から受けるストレス。

まともな家庭に育った人々やまっとうな家庭観を持つ人々に自分が抱えるこうした心理的ブレーキについて口頭で伝えて納得してもらうことができればああした人々と親しくなることももしかすると可能なのかもしれないが残念ながらそれほど高度な口頭表現力を佐々木は持たない。
 
QLOOKアクセス解析