2011年10月14日金曜日

良い学者・悪い学者・普通の学者

故・森毅先生が、昔半分冗談で、こんなことをおっしゃっていた。
良い学者は優れた問題を作る。
普通の学者は優れた問題を解く。
悪い学者は他人が解いた問題で本を書く。
学者の良し悪しはともかく佐々木が個人的に付き合って一番魅力を感じるのは、やっぱりとんでもなくオリジナルな問いを発する人。

問いに対して理路整然たるあるいは快刀乱麻を断つがごとき回答を提示する人でもなければ他人の説の首尾良い概括もしくは受け売りを提示する人でもなく。
 
QLOOKアクセス解析