2011年10月7日金曜日

わが内なるおばか女子中学生

もうタイトルも内容もまったく覚えてないのだが学生時代に何の気もなしに読んだ橋本治の小説の中に中学校だか高校だかで口うるさい男性教師から説教されたおばか女子生徒が「え~~~~~~そうかもしれないけどぉ~~~~~~そうじゃないかもしれないでしょ~~~~~~」と口答えする場面があってこの口答えのセリフだけが頭に残って離れない。

佐々木の精神構造の一部になってしまっていると言ってもいいぐらい。

他人から理路整然たる主張や忠告を聞かされるたびにほとんど反射的にこのセリフが頭の中を流れる。

絶対に態度には表わさないけど。
 
QLOOKアクセス解析